【FF14】クラフターのすゝめ ~禁断編~

今回は、クラフターに視点を置いて記事書いてみました。
80になって新式とか作りたいけど、禁断わからない・・・という方が対象です。

クラフターってなに?、ギャザクラ始めたいけどわからない・・・
という方はこちら

記事の最後に、パッチ5.05(2019年8月)時点での私の禁断状態を載せてあります。
ネットに転がっているたいていのマクロは使えるステータスかと思います。
参考程度にどうぞ。

私が使ってるマクロも紹介してます。こちら

はじめに

この記事に書いてあることが全て正しいわけではありません。
禁断は人によってマテリアのはめ方が変わります。
人によって所持ギル・たくさん持っているマテリアの種類が変わるからです。
あくまでも参考程度にとらえてもらえれば幸いです。

禁断に必要な知識

1. CPは盛れるだけ盛る。

クラフターで最も重要なのがCPです。まずこれがないとお話になりません。
作業・加工を放り投げてでも盛るべきステータスです。

ただ、部位によっては+1や+2しか盛れない部位もあります。
このような部位は、自分のステータスと相談し、
CPを優先するか、作業・加工を優先するか決めましょう。

2. 加工ちゃん大事。でも作業ちゃんも忘れないで。

大型パッチ直後は、作業が特に重要です。
ILに対して、要求される必要工数が高いためです。
そもそも作業を盛らないと、物が完成すらしません。

必要な分の作業をきっちり確保した上で加工を盛る。これが鉄則です。

3. 必要なステータスを見極める。

新式や薬と呼ばれる秘伝書のレシピを作るには、一定以上のステータスが必要です。
また、ステータスは高いほうがいいですが、なんでもかんでもMAXを目指す必要はありません。

新しいギャザクラ装備が追加された直後は、マテリアの値段が高騰します。
パッチ5.05時点では、エクスマテリジャを禁断に使う必要はありません。
サーバーによって値段は変わりますが、1個数十万するマテリア使って禁断しなくても
秘伝書7巻は製作可能です。

ただ、パッチが進むにつれて、エクス禁断が必要になる可能性もあります。
それも含めて、必要ステータスを見極める力は重要です。

4. 安易に5禁断しない。

禁断といえば、ギャザクラでも戦闘職でも5段目まで禁断を目指しますが、
お金がかかる分、失敗した時に修正するのが大変です。
(失敗=秘伝書に必要なステータスに到達しない状態)

パッチ5.0が配信されたときのように、ギャザクラ装備が先に公開され、
あとから秘伝書が追加される場合があります。
特に考えもなく5禁断してしまうと、ステータスが足りなかった場合、
せっかく禁断したマテリアが無駄になる可能性があります。

個人的な意見ですが、主道具・副道具・胴はステータスの調整に役立つので、
上記部位以外の禁断をしっかり考えることが重要です。

まとめ

いろいろ書きましたが、最後にパッチ5.05時点での私のクラフター装備を載せておきます。
ちょっとした解説も載せておきます。

禁断コンセプト

・CPはしっかり盛る!
・エクスマテリジャは確定穴だけ!
・ハイマテリジャがたくさんあったので禁断に使う!
・4, 5段目は確率が渋いので、マテリガでコスト削減!

禁断後ステータス

食事なし・マイスターなしの素のステータスです。

作業:2289
加工:2160
CP:538

主道具・副道具

クラフターだけで8職あります。主道具・副道具合わせて16個も禁断めんどいです。
潔くCPだけ盛りましょう。
人によっては、主道具・副道具でステータス稼ぐのもありかと。

僅かですがCP盛れたので、5段目は魔匠をはめました。

CP+1つけれますが、今回は他のステータスを優先。
秘伝書7巻が来るまで、4, 5段目はマテリアはめていませんでした。
作業が足りていたので、巨匠メガジャにしました。巨匠ジャでもOKな気がします。

胴と同じく、秘伝書7巻が来るまで4, 5段目はマテリアはめていませんでした。
特にステータス困っていなかったので、バランス良く作業と加工をそれぞれ。

秘伝書7巻が来るまで、3 – 5段目はマテリアはめていませんでした。
作業足りていたので、加工もりもりで追加。

脚・足

脚と足は作業を盛れる分が少なかったので、加工に振り切りました。

耳・首・腕

CPが全部で12盛れますが、魔匠ハイジャ+魔匠ガという構成にすることでコスト削減。
魔匠ジャ2つの場合(CP+6 x 2)、2段目に別のマテリアはめれるので、
別ステータスを盛る場合は魔匠ジャ2つのほうがいいかと。

秘伝書7巻が来るまで、5段目はマテリアはめていませんでした。
ステータス特に困っていなかったので、とりあえず余っていた名匠ガはめました。
3段目の巨匠メガジャは、巨匠ジャでもいいかと。

最後に

禁断の一例をご紹介しました。
改めてになりますが、これが必ずしも正解ではありません。
他のサイトの記事も参考に、自分にあった禁断を考えてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です