【FF14】5.1クラフター装備を禁断してみた

はじめに

この記事が禁断の正解とは限りません。
人によって手持ちのマテリア数や所持ギルが違うためです。
あくまで参考程度に見ていただければと思います。

今回の記事は、パッチ5.1で追加されたIL460装備の禁断例です。
アクセと腰装備は追加されていないため、
アクセ・腰装備(5.05装備・IL430)の禁断はこちらのページを御覧ください。

禁断について

2019年11月頭の段階では、イシュガルド復興で何が来るかわからないので、
禁断1段目にエクスジャを使用しました。
場合によっては、禁断1段目はハイジャでも問題ないかもしれませんので、
お財布と相談してください。

禁断後ステータス

食事なし・マイスターなしの素のステータスです。

作業:2560
加工:2375
CP:538

主道具・副道具

私が禁断する際のデフォルトスタイルです。
全職業分を禁断するのが大変 & 後々ステータスが足りなかった時の調整のために、
潔くCPだけ盛るスタイルです。

CP+1付けれますが、そこまで困っていないので別ステータスを優先。
後のパッチで加工が足りなかった場合は、5段目を巨匠メガジャに変更可能。

頭と同様にCP盛れますが、別ステータスを優先。
後のパッチで作業が足りなかった場合は、5段目を名匠メガジャに変更可能。

頭と同じです。

脚・足

5段目に名匠メガジャ・名匠ジャでもいいですが、+7が上限なのでマテリガで十分かと。

まとめ

イシュガルド復興が来るため、ステータスが不安な方は、
確定穴ハイジャ+禁断1段目ハイジャ
というスタイルでも、5.05のIL430装備は超えるかと思います。

禁断1段目をエクスにすれば大抵のステータスは問題ないかとは思いますが、
上記のように、主道具・副道具あたりで調整できるようにしておいたほうが
よいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です